All Englishのレッスンでバイリンガルを育てます

耳で覚える?目で覚える?

小学生クラス

オールイングリッシュで使える英語を身につける
小牧市 こども英語 MAK(マック)Kids English の Kyokoです。

読み書きをほぼ習得した高学年クラスで今日は新しく導入する表現をホワイトボードに書き出してみました。

そして気づいたこと。

文字で文章を見える化することは導入時にはとても効率的♡

でも、定着を図るためには邪魔だ!

というのは、今回うっかりホワイトボードに文章を書きっぱなしにして導入後の活動に入ったら、活動中もみんなホワイトボードをチラチラみながら進めて一向に覚えない(>_<)

これではダメだ!と途中でホワイトボードの分を全部消してやりました。

MAKの発話練習ではノートやテキストは一切使いません。

基本、「耳で覚えて口から出す!」

老舗英会話スクールのベルリッツやカランメソッドでも使われている、いわゆるダイレクトメソッドってヤツです。

だから子どもたちは体で覚えた英語をとっさに使うことができるのです。

歌で導入、ゲームや読み聞かせを通じての定着。レッスンはこんな様子で行います。(今週の小1クラスの様子)⬇️

レッスン中の子供たちの何気ない一言は頭で考えることなく自然に口から出てきているでしょ?

導入した表現はこうして自然に使えるようになるまで、何度もなんどもレッスンのありとあらゆる場面で使用します。

発話練習中はあえて文字を見せないことで子供たちは習った表現を確実に自分の力にしていきます!

もちろん、読み書きもレッスン中に別で時間を設けて指導していきますのでご安心(^_-)

What do you think of this post?
  • 超いいね (3)
  • いいね (1)
  • おもしろいね (1)


タイトルとURLをコピーしました