All Englishのレッスンでバイリンガルを育てます

新しい年 これからの英語教育について考えてみる。

言語教育私の意見

みなさま、

新年あけましておめでとうございます🌄🎍

2019年という新しい年を迎え、これからの英語教育について考えてみました。

この年末 私たちは夫の親戚一家に会いに長野県安曇野まで行ってきました♡

日本とスリランカにルーツを持つ子どもたちが6人。日本語とシンハラ語が飛び交う会話の中で、親戚の小4の男の子の一言が心に残ります。

「将来さ、世界中の言葉が一つになる日が来るのかな?」

最近の日本、外国人観光客が増えていますよね?
途中立ち寄った、松本でも外国人観光客がたくさんいました。ヨーロッパ系アジア系の観光客のみんな、仲間内では母語で話していても、おみやげ屋さんや飲食店で日本人と話すときはさっと英語切り替えていました。(中には片言に日本語で頑張ってくれてる方もいましたが…)

グローバル化の進む現代、スリランカ日本のハーフのKくんの言う通り「世界中の言葉が一つになる」可能性はゼロではないでしょうね…
でもね、その時の言葉が日本語やシンハラ語でないことは間違いないね😜

海外に出かけなくっても英語が必須になる時代はすぐそこまできています!
将来は英語を話せることがアドバンテージ(有利)ではなく、英語を話せないことがディスアドバンテージ(不利)になるんでしょうね。

今こそ、子供達の将来のために英語教育について真剣に考えなくてはいけません。

2019年は日本の英語教育が大きく変わり始める要の年になりそうです。

なぜって?
MAKでもその教授法を取り入れているサニーバニーの羽織愛先生が 日本の子ども英語教育を改革したい!と早期英語教育研究会をNPO法人にするための立ち上げ支援プロジェクトを始めました。
そして 全国の熱い英語講師や英語育児中の保護者の皆さんが賛同し活動の支援、拡散に動き出しているのです。

サニーバニーの実績はこちらのYouTubeで確認できます。
留学もインターナショナルスクールも経験なし。日本の普通の公立学校に通いながらでもここまで話せるようになるサニーバニーの教授法は本物です!


動画をご覧いただき、サニーバニーの教授法や早期英語教育研究会に興味を持たれたかた、この活動を支援したい!一緒に日本の子ども英語教育を変えたい!と思われたら是非ご協力ください!1000円からの支援が可能です💛
支援は無理って場合は記事のシェア拡散だけでも大感謝です!
>>>早期英語教育研究会NPO法人立ち上げ支援について詳しくはこちらから

オリンピックに万博を控えた日本。

「日本人は英語を話せない!」の汚名を返上しましょう!!!

 

What do you think of this post?
  • いいね (0)
  • 超いいね (0)
  • おもしろいね (0)


タイトルとURLをコピーしました