All Englishのレッスンでバイリンガルを育てます

園児さん、思わず英語が出ちゃうんです

園児クラス

2018年度の目標【全クラス All English化】

すでに本格的に取り組んでいる最近のMAK Kids English

先日、園児クラスではこんな出来事がありました。

満3歳児さんのKくん。この日は教室に着いた時からお疲れモード💧

それでも前半頑張ってレッスンに参加してくれましたが、ついに途中でダウン💤

そんなKくんにつまづいてしまった年中のYくん、思わず口から出たのは “I’m sorry!”

これ、とっさに出たんですよ!

つまづいた瞬間、思考時間【0秒】

その後、Kくんが寝ちゃったと気づいたYくん。

”K, Good night?”

な、なんと英語で私に尋ねてきましたよ!

【Sleep】という言葉を知らないYくん、でもちゃんと意味は通じたよ♡

“Yes, he is sleeping.”

と答えると

Yくんはもちろん、他の子も”Sleeping!” “Sleeping” と言い始めました。

これ、もしレッスン中の日本語を許していたらYくんはきっと日本語を使っていたでしょうね。

English Only! No Japanese!

だから【Sleep】を知らなくっても、とっさに頭をフル回転させて知っている言葉で代用して伝えたいことを伝える!

正確さには欠けますが、【英語を使う】【使える英語を身につける】ってまずはここがスタートだと思うんです。

【全クラス All English化】にこだわる理由がここにあるんですよ。

第2、第3のYくん目指して、みんな頑張ろう!

 

工作の作業中↓こんな時だって “Take five circles.”というと、みんな”A pink circle, please.” “Blue, please.” と自分の言える英語で材料を手に入れる努力をしていますよ!

What do you think of this post?
  • いいね (2)
  • 超いいね (1)
  • おもしろいね (0)


タイトルとURLをコピーしました