All Englishのレッスンでバイリンガルを育てます

子どもが外国語拒否しても大丈夫!諦めなくっていいんですよ!

お知らせ

夫の友達家族のお宅の夕飯に招待された我が家🇱🇰

これまでも、お誕生会に招待されたり、一緒に海へ行ったりで子どもたちはすっかり仲良し🐣🐣🐣

 

2歳でバイリンガル育児に挫折した我が家の長男でしたが、今ではスリランカに行っても妹弟の通訳になれるほどのシンハラ語(スリランカ)を身につけました✌️

昨夜も彼は大活躍😁

彼のシンハラ語、読み書きに関しては圧倒的に私を上回っています…‼️

今ではスリランカの親戚とSNSでテキストを送り合いながら文章の添削をしてもらったり

学校の自主勉ノートにもシンハラ語の作文をしています。⬇️

解読不可能な文字にも関わらず、毎回丁寧にお褒めのメッセージで彼のシンハラ語学習のモチベーション維持にご協力くださる担任の先生に感謝です💕

昨年末にスリランカに帰省した際、同い年の従妹からシンハラ文字を習ってから興味を持ったようで、時間があればスリランカの小学1年生の問題集を解き、仕事帰りの父親を捕まえては自力で学んでいます。

今では私の知らない単語を自慢げに教えてくれたり、私の発音間違いを訂正してくれたり、母を小馬鹿にしながら私のシンハラ語力アップにも貢献してくれています。(彼に負けぬよう母も頑張っておりますが…💦)

2歳で一切の外国語を拒否した彼ですから、彼の語学力は国際結婚家庭によくある生まれながらのものではありません。

スリランカ人ではありますが、父親が日本語ペラペラの我が家では、日常会話は日本語オンリー💦

一般の日本人家庭となんら変わりはありません(非常に残念ながら…💦)

ただ、違うことといえば、意識せずとも常に彼の身近にシンハラ語がありました。

彼を無理に引き込むことはしませんでしたが、望まずともシンハラ語は常に彼の周りにあふれていました。

でも、それだけじゃ話せるようにはなれません。

ここからどう彼のシンハラ語力を上げていったのか?

彼にとってのシンハラ語を英語に置き換えれば、英語育児を志すママたちにもきっと役に立つエピソードが満載の彼と私の奮闘記。この度、こちらの講座でお話しさせていただくことにしました♡>>>我が家の教材&活動お見せします「英語育児講座」

特に、お子さん自身があまり英語に興味がなかったり、むしろ英語拒否していて悩んでいるママたちには是非、参考にしていただきたいと思います。

おかげさまで残席1名となりました。(11/27現在)興味のある方はお早めに♡

 

 

 

 

What do you think of this post?
  • 超いいね (4)
  • いいね (1)
  • おもしろいね (0)


タイトルとURLをコピーしました